つれづれなるままに | お客様の2歩前

お客様の2歩前

2010/09/21 00:08:24

常にお客さまの2歩前にいるとは…

お客様の2歩前に立つ訳ではありません。

それぐらい分かってるわ!ってツッコミはナシでお願いします(笑)

お客様の希望する物事の2ステップ先までを自分の中で準備しておくのです。

2ステップ先まで準備するのにも、もちろん訳があります。

1ステップ先では、せっかちなお客様や予想外の行動をされるお客様に対応することはできません。

『お買い得感』の記事で、「一歩先のサービスを提供すべき」と書きましたが、一歩先のサービス=2ステップ先の行動という構図です。

1ステップ先のサービスはお客様が想定する範囲内の事なので、一歩先のサービスではありません。

お客様が想定する範囲を超えた「何か」を提供すると、サプライズを与えることができます。

なにより2手先まで読んでおけば、常に自分が主導権を握っていられます。

つまり、
『真にお客様の気持ちになる』のも『常にお客様の2歩前にいる』のも自分が主導権を持ってサービスを提供する事になるのです。

主導権が自分にあれば、お客様も退屈な思いをすることはありません。

退屈でない=楽しめているのですから、その後のリピート率は上昇します。

つまり、稼げる道が開けてくるのです。

具体的にどうすべきなのかは、いわゆるノウハウの部分ですので、ここでは書きません。

またの機会に・・・・

コメント投稿

お名前

コメント