つれづれなるままに

  • 「買わない」という判断ができる人になりたい(^-^)
おはようございます(*^_^*)

昔、先輩が教えてくれたこと。

欲しいモノがあったとする。それが例えば3,000円だったとしよう。財布には10,000円入っていて、すぐにでも3,000円のモノを買うことができる。

でも、買うのを我慢する。

そして、別の日に別の欲しいモノを発見する。それも同じく3,000円。でも、その日は財布に2,000円しか入っていない。

当然、買うことはできない。

わかるよな?

買えるお金があって、モノを買わないのと、買うお金が無くてモノを買えないのとでは、結果は同じであっても、実は全く別のことなんだ。

その当時、自分はいたく感動しまして、そのせいで今でも先輩を尊敬してやまないのですね。

よって私の根本には「買えない」のではなく、「買わない」という判断ができる人間になりたい、ということが常にあります。

そしてある時、先輩に「前にしてくれたあの話(上の話ですね)は良かったですね」と言ったことがあるのですが、そのとき先輩は「そんな話をした憶えはない」とアッサリ言い放ち、自分の先輩に対する尊敬の念は何だったのか?と思うことに。

そういったことがありはしたものの、先輩に対する尊敬は薄れることはなく今に至ります。

今日も皆さん、
嬉しいこと沢山の素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)