つれづれなるままに

ご応募お待ちしています(^_-)-☆

2016/09/15 09:03:22|コメント:0件

  • ご応募お待ちしています(^_-)-☆
毎日、数名からのお客様を、
お客様の好みに合う女性をご紹介出来ずにお断りしています!!


*お断りしたお客様 
9月1日(木) 5名様      8日(木) 6名様
     2日(金) 4名様      9日(金) 4名様
     3日(土) 6名様    10日(土) 6名様
     
4日(日) 7名様    11日(日) 7名様
     5日(月) 8名様    12日(月) 6名様
     6日(火) 4名様    13日(火) 3名様
     7日(水) 6名様    14日(水) 4名様

だから・・・
日給3万円以上も簡単。
30代・40代前半の女性も日給5万円が本当に可能です。

心配していませんか?
勘違いですよ!!

すごく綺麗じゃないと・・・
スタイル良くないし自信がない・・・
サービス内容がハードル高そう・・・

大丈夫です!!!

容姿やスタイルには当然こだわりますが、年齢相応に綺麗な女性を求めておりますので、特別に高い採用基準を設定しているわけではありません。

性格や雰囲気を重視しています。

サービス内容は、デリバリーヘルスのお店なら、どこでもある当たり前のサービスを、順番や方法をアレンジして、より魅力的にしているだけですので、特別に変わったことや特別に難しいといったことはございません。

ご心配なさらず、自信をも持って面接にお越しください。

不明な点は遠慮せずに何でも聞いてください(^_^)

「本質」

2016/09/14 11:12:27|コメント:0件

  • 「本質」
「物事の本質を見極める事が出来れば、仕事も人生も上手く行きやすい」と、私は思っています。 

物事の本質を見極めれる人ほど、戦略やアイディアに優れていると言えるかもしれません。

子供の様に固定概念が無く、頭の中は白紙で、「何で?何で?」と、理由を知りたがる人の方が「見極める力」が、優れている場合が多いように感じます。

「物事の本質」を見極められると、何が違うのか?

・良い意味でブレない

・明確な目標設定が出来る

・目標までの最短ルートが分かる

など、仕事や人生においての「無駄」を多く無くす事が出来ると思います。

では、どうしたら本質を見極められる力が養えるのか?

何故、このお店は流行っているのか?暇なのか?お客様の求めているものは何か?など、様々な疑問を持つ好奇心旺盛さを常に発揮する。

固定概念を無くし、変わり者になる。

変わっているというのは、多くの人々と考え方が違うと言う事。

世の中の大多数の人は、本質を見極められません…意識すらしていない場合が多いから、変わり者と思われても問題ないんです。

他人の気持ちが分かる人になろうとすれば、人が何を求めているのか?が分かる様になる。

人に言われた事や訪れたお店に対して常に「何で?何で?」と探求心を持つことが、「本質を見極められる力」を付ける一番のトレーニングだと思います。

「何で?何で?」を繰り返していくうちに、何となく「成功のパターン」、「失敗のパターン」が分かるようになります。

本日のおもたせ

2016/09/13 18:26:27|コメント:0件

  • 本日のおもたせ
お客様から「ありがとう」と言って頂ける事を、私たちアクアマリン全員の目標としています。

ですが逆に、いつもお客様のお心遣いに感動させられ、感謝しています。

そんな沢山のお心遣いのうちの目に見えるものだけでも、形に残しておきたいという気持ちから、ここに記そうと思います。

2016.9.11
Y様より、差し入れを頂きました(^_^)

御礼が遅くなり申し訳ございません。

美味しい幸せをありがとうございます。

限られた時間

2016/09/12 09:16:01|コメント:0件

  • 限られた時間
「時間」が永遠にあるのなら別ですが、残念ながら私たちには限られています。

現在の人間の寿命は、様々な研究開発や医療の進歩、個々の努力によって確実に長くなってきていますが、それでも「時間」は限られています。

それもいつ終焉になるかわかりません。

だからこそ、いつどこで、おしまいになっても、これで「よし!」 とする生き方をするしかないと思っています。

そうであるならば、限られた時間を豊かに楽しく使いたいと思うのです。

「時間」は、何もしなくても過ぎていきます。

「お金」は、使わなければ減りませんが、「時間」は減っていきます。

だから、何もせず過ごした時間は浪費となります。

「時間」を有効に使うということは、浪費時間を少なくすることでもあります。

その為には…
一つは、「何事に対しても一生懸命取り組む」 こと。

夢中になっているとき、私たちはしばしば時の経つのを忘れます。

私も、好きなことをしているときは、実際には三時間経っているのに、一時間くらいにしか感じない。

そんなときには時間を損したのではなく、得したと考えるべきだと思っています。

そして、もう一つは、「目標を持つ」こと。

自分が今、何をしなければならないか?

それが、はっきりしていないとき、時間は浪費されます。

目標があると、全てがそれに向けて集約されていくので、時間の浪費は少なくなります。

つまり、
『目標を持って一生懸命生きる』

そうれば、時間は無駄なく何倍にも有効に使えるのではないでしょうか。

そして、本当の豊かさには、楽しみがなければなりません。

逆に、楽しみがあれば、他人からどんなに無駄な時間に見えても、その人にとっては充実した時間なんだと思います。

せっかく自分に与えられた限られた時間ですから、何らかの意味を見い出したいものです(^_^)

自分に都合を聞くな

2016/09/11 09:20:33|コメント:0件

  • 自分に都合を聞くな
人間の「やる気」くらいアテにならないものは、ありません。

確かに、やる気が起こるのを待っていると、大抵のことはどんどん遅れてしまう。

ところが人は、何故か「やる気」をアテにするのです。

人間は本来、勤勉か怠け者か?

残念ながら怠け者だそうです。

人間は、楽しいことをして遊んでいたい動物だということらしい。

人間以外の動物を見てみれば分かります。

確かに動物たちは、餌の確保と生殖行為以外はブラブラしている。

本来、怠け者の人間が、やる気をおこす機会は、少ないということ。

少ないのだから、そんなものをアテにはできない。

では、やる気をアテにしないで、どうやって行動するのか?

あまり深く考えないで、まず行動を始めるのが良いそうです。

とにかく、体を動かすのです。

注意しないといけないのは、「考えない」こと。

考えると「後で良いか~」 、「面倒だなぁ」という気持ちが出てきます。

するべきことが有れば、考えずに行動に移すのです。

行動に移せば自然に「やる気」が出てくるものです。

「気分」というのは気まぐれです。

自分でも、どうなるか見当がつきません。

急に勉強したくなるときもあれば、明日試験だというのに「やりたくない」 と思うこともあります。

勤勉な人間は、やる気があるのではなく、やらねばな らぬことに着手しているのです。

アメリカの鉄鋼王カーネギーの言葉…

「私の成功には何の仕掛けもない。ただやるべきことを前にして自分の全力を尽くしただけだ」 

二宮尊徳も言っている…

しなければならないことがあるときは、自分に都合を聞くな!

何も考えずにとにかく着手してみることだ! って。