つれづれなるままに

とにかくやってみる

2015/10/11 21:52:48|コメント:0件

乗ろうと思っていたバスに間に合いそうにない。 

諦めようかと迷ったが、ともかく急いで向かってみる。 

すると、その日に限って、バスが定刻より少し遅れていて乗ることができた。

そういった経験って、誰にでもあるのではないでしょうか。

どうせダメだとゆっくり歩いていれば、きっと、間に合わなかったはず。 

こういったことは日常の些細な出来事で、たまたま運が良かっただけかもしれない。

ただ、人生において確かなのは、自らは何の努力もせずに、ただ願っているだけでは、幸運を引き寄せられないということ。 

そして、所詮無理だと考えてしまったら、どんな望みや目標も叶えられないということ。

諦めてしまうのは簡単だ。 

人情として、とかく易きに流されてしまいがちだけれど、それでは充実感も達成感も味わえません。 

挑んだ結果、たとえ事が成らなくても、できるだけのことはやったと思えば納得もいく。

何ごとも、とにかく最善を尽くしてみる。 

希望を失わず、全力を傾けてやってみる。 

もしかすると、あと一歩で目指す目標に手が届くかもしれないのです。