つれづれなるままに

神無月・10月のスタート!

2015/10/01 21:44:41|コメント:0件

10月は旧暦では神無月(かんなづき)と呼ばれる。

島根県の出雲大社に神様が集まって、一年の大切な話し合いを行なうためで、全国から神様がいなくなるからだという。

反対に島根県は出雲地方では、神在月(かみありづき)とされている。

さて、今年も残り3ヶ月、神様でさえ、全国から集まって会議をしなければならないほど大切な月。

私達が少々忙しくても当たり前なこと!? 

年末まであと91日、今年も良い年だったと言えるようにしたいものだ。

徐々に秋も深まりを増して過ごしやすい時季。 さまざまな秋を味わいつくし愉しみましょう(^。^)