つれづれなるままに

人財

2014/01/12 03:58:36|コメント:0件

たとえば、企業経営の三要素として、「ヒト」「モノ」「カネ」と言われます。

そこに、業種によっては「技術」や「情報」が重要な要素として加えられることもあります。

でも、これらは忘れてしまっても良いというか、ひとまず措いておいて良いでしょう。

なぜなら、企業経営にとって大切なのは、一に人財、二に人財、三に人財だからです。

乱暴な言い方ですが、あとは、人財のための道具にすぎません。

人財がすべてに、そして圧倒的に優先するのです。

企業の目的は、人の幸せを実現することです。

業績を高めることでも、成長発展させることでも、市場で一番になることでもありません。

これらは、すべて結果としての現象です。

つまり、人をとことん大切にして、人を幸せにした会社・お店が業績が高まり、成長発展し、市場で一番になるのだということ。

人を大切にする、人を幸せにするという最大の目的を実現したご褒美として、素晴らしい結果が出るということ。

この目的と結果を取り違えてはいけないと思います。

業績は目的ではなく結果です。

そして手段です。

業績は、企業が人を幸せにするという目的を継続的に達成するための手段です。

ですから、手段である業績を追い求めるのではなく、企業は人を幸せにするという目的を追い求めるべきなのです。

その為には、「それをやったほうが人が幸せになるか、やらないほうが人が幸せになるか」という価値観で意思決定をする必要があります。

アクアマリンでも、「人」 対 「人」 対 「人」を経営理念に掲げています(^_^)

※今日も貴女のご連絡待ってまーす!じっくりご検討の上、ご連絡ください(^∇^)
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)