つれづれなるままに

「我慢」

2013/12/27 20:13:51|コメント:0件

皆さん、「必要な我慢」と「不必要な我慢」の分別を上手く出来ていますか?

うつ病になりやすい人の傾向の一つとして「真面目な人」が挙げられるらしいが、それは「不必要な我慢」まで、してしまうことによるものではないのかと仰る人もおられます。

ほどよく手を抜く加減が分からないから、何事にも全部フルパワーで真正面からぶつかってしまいがちなのでしょう。

人それぞれが持っているキャパシティは、当然人によって違います。

それなのに、他人が出来ることは自分にも同じように出来ると思ってしまう。

それが、ポジティブな解釈なら良いんですが、「みんなが出来てるのに何で自分は…」っていうネガティブな解釈になると良くない。

人は人、自分は自分なんです。

でも、どうして落ち込むのか?不調になるのか?その「仕組み」は?

「必要な我慢」なのか?

「不必要な我慢」なのか?

そして何を基準に、それを考えれば良いのか分からなくなっている、判断が出来ない、というか自信が無い。

…という方もおられるかと思います。

本当に好きなことや楽しいことだけをして生きていくのは、結構難しいと思います。

好きなことをする為に負うリスクは、大なり小なり、おそらく発生するし、それでも人は「好きなことの為なら」と乗り越えていけるんだと思います。


でも、今の「我慢」の先に、何が待っていて、どんな景色が見えるようになるんだろう。

何かが得られたり、景色が変わったり、本当に耐え続けたらそうなるんだろうか?などと考えることでしょう。

もちろん、耐えた先に、そういう変化が待っていることだってあると思います。

むしろ、そういう変化の為に必要な我慢もあるでしょう。

じゃぁ、「これ」はどっちなんだろう…?


そんなことを、物事を判断するときに、常に考えるようにしたいと思っています。


※今日も貴女のご連絡待ってまーす!じっくりご検討の上、ご連絡ください(^∇^)
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)