つれづれなるままに

「考えているつもり」

2018/11/10 08:21:16|コメント:0件

  • 「考えているつもり」
おはようございます(*^-^*)

「考える」 って、実際なんなのでしょう?

デスクの前に座って、腕を組み、目を閉じて、頭の中で思いを巡らせる。

「考える」 という言葉から最も容易にイメージできる図でしょう。

しかしこれは、サボっているのと大差ありません。考えているようで、ただただ悩んでいるだけ。その思考はどこに向かっているわけでもなく、時間に身を任されているに過ぎません。

私は、「紙に書く」 という行為が、「考えること」 だと考えています。

紙にペンを走らせ、自分の頭の中を可視化する。思いついた言葉やイメージを形にすることで、自分自身と対話することができます。

セルフコミュニケーション。自分自身との会話の中でアイデアは広がり、論理が組み上がり、結論が導かれる。

これが、「考える」という行為を表現できる具体的な行動であり、そして、「結論を導き出す」というのが、「考える」という行為の成果物です。

自分なりの結論を出す。これができて初めて「考えた」と言えます。

そして、それは「決断」とは違います。

考えても考えても決断できない時はある。その時は、決断に至るまでに、まだ何か足りない要素があるのです。

でも、「考える」という行為に「決断」は不要。必要なのは「結論」であり、次に自分が起こすアクションが導き出せれば、それで良いんです。

たとえ、「決断できないから誰かに相談しよう!」という結論でも良い。

考えた結果、誰かに助言を求めるか、あるいは相談しようと結論づけたのであれば、それは立派に 「考えた」ことになります。

「考えろ!」って言葉は簡単に使われがちですが、実行するのは意外と難しいものだなぁと思います。

「考えているつもり」になってしまって、30分経っても何も変わらない!なんてこと、結構ざらにあります(^_^;)

「腕を組んで、目をつぶって、思考を巡らせる」・・・それを「考える」とは言わない!

考えるフリは、止めよう(*^-^)ニコ

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

一番の一日!

2018/11/09 08:31:38|コメント:0件

  • 一番の一日!
おはようございます(*^-^*)

理想の自分はどんな姿なんだろう?

「朝、すっきり目覚めて、朝からワクワクしている自分。」

「職場でみんなと笑顔で挨拶して、いつも心配りできている自分。」

「美味しいものを、美味しい!と嬉しそうに食べる自分。」

「業績を上げ続けている自分。」

「いつもさわやかね!と言われる自分。」

「旅して、素敵なことと出会える自分。」

こんな感じで、できるだけ沢山、実際にその姿を書き出してみる。

いきなり一度にはできそうもないけど、早速やってみる!

書くだけでなく行動に移すせば… きっとどんどん「理想の自分」「なりたい自分」に近づいていく。

何もかも一度には確かに簡単ではなさそうですが、一つひとつでも実行すると、すぐに気分が違ってきます。

「一番の一日にする。」

自分が実践しようとすることが、一番できた一日にする。

今までで一番、笑顔で挨拶できた日にしてみる。

一番といっても、他人と比べる必要はない。

自分の中で一番。自己新記録、当社比、です(笑)

一番うまくいかなくてもノープロブレム。

一番意識した日になればいい。

それだって一番の一日です。

「今日は一番姿勢良く歩いた」

「今日は一番いい笑顔で挨拶した」

もちろん、一日では達成することもできない理想の自分もありますが、「今日は一番、そのことを考えた」…それでもよし。

「一番の一日」が出来上がります。

昨日の一番と今日の一番は、僅差、微差でオッケー。

毎日が一番の日になります。 やがて知らず識らずに理想の自分に近づいています。 素晴らしい未来は訪れるものではなく、創り上げるもの。

きっと素晴らしい未来が出来上がりますね~

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

「規則正しく」が大事(゚∇^*)

2018/11/08 07:47:07|コメント:0件

  • 「規則正しく」が大事(゚∇^*)
おはようございます(*^_^*)

昨日は読書に夢中になり眠ったのが深夜に。

今朝は、ひたすらに眠かった。

自分は、決まった時間に寝て、決まった時間に起きるようにしないと、睡眠時間だけを確保しても、頭はうまく働いてくれません。

起きても頭がボーッとして、また本を読んでいたが、ほとんど頭に入ってきません。

パフォーマンスを上げるためには、やはり、よく寝て規則正しく過ごす必要があります。

当たり前のことを当たり前にやり続けることが大切なんです。

「特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする」

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」

イチローもこう言っています。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

仕事のやる気を出す方法(^^)ニコ

2018/11/07 08:30:31|コメント:0件

  • 仕事のやる気を出す方法(^^)ニコ
おはようございます(*^_^*) 

皆さん、仕事のやる気を出すには、どんな方法がありますか?

やる気の出ない仕事って、必ずありますよね。

やる気が出ないときに、どう対処するか。

そんなときに、いくら理屈をつけても、やる気は出てきません。

大事なのは感情や気分です。

そんなときの私の対処法は、「自分を乗せる」です。

自分の気分をちょっと動かして、「乗せてやる」「ちょっとその気にさせる」、それだけでいいんです。

何事もイヤイヤやるよりも、少しでもやる気のある状態で仕事をした方が成果も出ますよね。自分もストレスのかかる時間を過ごさずに済みます。

自分をうまくコントロールして、うまく自分を乗せることができれば、それ自体がすごいスキルなんだと思っています。

では、どうやって自分をうまく乗せて、やる気を出すには、どうするか。

1つ目は、自分が「その気」になる部分を探してやること。

「この仕事を終えたら、いつもは我慢している◯◯を今日は食べていい」なんていうのでも、いいんです(笑)。

何でもいいので、「いっちょ、やってやるか」と自分の気分を上向けられたら勝ちです。

自分が「その気」になる部分に目を向けて、気分を変えていくんです。

2つ目は、自分を褒めること。

やりたくない仕事は、たいていの場合、それをやっても誰も褒めてくれません。

誰も認めてくれないというのは、確かにモチベーションが下がります。

そんなときは、自分で自分を褒めてあげればいいんです!

自分で褒めるのはタダです。

「途中で投げ出さずによく頑張った!」

そんな風に自分を褒めてあげれば、達成感や充実感が生まれてきます。

自分で自分を褒める効果は、バカにできません。

①「その気」になるところを探す
②自分を褒める

仕事のやる気が出ないときは、私はこの2つの方法で「自分を乗せて」乗り切っています(笑)

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

効率よく仕事する為の工夫(^^)ニコ

2018/11/06 08:16:27|コメント:0件

  • 効率よく仕事する為の工夫(^^)ニコ
おはようございます(*^_^*) 

今の私は、過去の私と比べて抜群に仕事の効率が上がっています。

2年前と比較して、同じ仕事は半分以下の時間で終わります。

何故こんなに効率が良くなったのか・・・

隙間時間も無駄にしないように予定を効率的に入れたり

タスクを作って1分1秒も無駄にせずに働いたり

一度の複数の仕事をこなせるように工夫したり

できることは何でもやってみました。

ただ、どれも長続きしませんでした。

やっていると疲れてしまいます。

疲れずに仕事を効率化し続ける方法はないかなと悩む日々・・・

頼るものは本しかなく、懲りずに本を読み漁ってました。

すると、「仕事ができる人間は本気で運動し、遊んでいる。睡眠時間も確保し、瞑想も取り入れてる。」といった内容が書いてある本に出会いました。

期待をせずにやってみると、思いのほか仕事がスムーズに進んだんです。

気持ちよく仕事ができる感じです。

1週間や1ヶ月という単位で見ると、詰め込んで仕事をしてた時よりも、多くの仕事を短い時間で、できるようになりました。

睡眠時間、散歩する時間、趣味の時間、ぼーっとする時間

仕事を効率的にするために、今、意識して取り入れている4つの時間。

これらの時間は、私の体と心を元気にしてくれる時間です。

スポーツ選手だと良い成果を出すために体と心を整えることは当たり前ですが、どんな職業人でも仕事を効率化するには体と心を整えることは必要なのでしょうね。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)