つれづれなるままに

ほめる(*^-^)ニコ

2019/05/21 08:59:55|コメント:0件

  • ほめる(*^-^)ニコ
おはようございます(*^_^*) 

みなさん、自分をほめていますか?

「いやー、ほめるところないんですよ!」よくこんな言葉を聞きます。

結果でなくて、成長をほめるといい!

ほめるとは、努力や成長を応援することでもある!

結果が出たからほめるのではなく、ほめるから結果が出る!

「ほめる」ことで、自分もびっくりするほどに変化し、成長して、笑顔や幸せになれる。

他の人と比べてほめるのではなく、自分自身の成長をほめる。

過去と現在で、自分が成長したことをほめる。

人は成長したいもの。

人は誰かに貢献したいもの。

そして人は、誰かに喜んでもらいたいもの。

過去と今、その成長を喜んであげる。

がんばる毎日を応援してあげる。喜んであげる。

ではないかなと思います。

今日も皆さん 
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

「人生の宝物」

2019/05/20 08:12:34|コメント:0件

  • 「人生の宝物」
おはようございます(*^_^*) 

私は、仕事でもプライベートでも、数多くの失敗を繰り返してきました。

でも、その失敗があるからこそ、悔いの無い人生を過ごせてきたと感じています。

失敗の経験こそ「人生の宝物」だと思っています。

失敗を繰り返す中で、ブレイクスルーが生まれ、新しいフロンティアが開拓されていく。

現状にあぐらをかいて、その場所に安住したり、リスクを取らずに確実にできることだけをやっていると、確かに失敗はないかもしれませんが、大きな成功の喜びもありません。

成功者とは失敗しない人ではありません。失敗しても、成功するまで絶対に諦めない精神力を持ち続けられる人。

「失敗するのは格好悪い」と思うのは、人からどう思われるのかを気にしているからです。

そうではなく、自分が何を本当にやりたいのかを判断の軸にして、これからも自分のやりたいことを続けたい。

だから、これからも失敗を繰り返したいと思っています(^ー^*)

今日も皆さん 
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

一笑懸命

2019/05/19 09:20:13|コメント:0件

  • 一笑懸命
おはようございます(*^_^*)

ところで、「一所」と「一生」ですが・・・

音でつながって、洒落みたいな変化が許される日本語。

ならば、「一緒懸命」なんてのもありですよね。

誰かと一緒に頑張ること。応援すること。パートナーシップ。人はそもそも、支え合
いながら生きているもの。決して自分は一人ではない。

「一笑懸命」なんてのもいいかも知れません。

ひと笑いしてから、懸命にがんばる。面倒くさいことは一笑に付してご機嫌で頑張っ
ちゃう。どうせ一生なんて、ひと笑い、一笑みたいなもんよ!と豪快に笑いながら過
ごす。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

一所懸命

2019/05/17 14:09:20|コメント:0件

  • 一所懸命
私は「一生懸命」ではなく、「一所懸命」って言葉をよく使います。

「一生懸命」と「一所懸命」どちらを使っても間違いではないし、同じ意味ということで。

一般には「一生懸命」の方がポピュラーで、「一生かけて!」という方がドラマチックだし、そちらが好まれると思います。

さておき、私が「一所懸命」って言葉をよく使うのは、そんな風に生きる人たちに出会うたびに、応援したくなったり、そんな風に生きる人たちの姿に、かつて自分も「一所懸命」だった時々の思いが重なって、切なくなったり、胸が熱くなったりするからなのかと思います。

「一所懸命」って言葉の裏には、

「なんとか実現したい!」
「簡単じゃない!」
「うまくいかない!」
「がんばる!」

そんなことが見え隠れしています。

だから「一所懸命」な人たちの姿には、切なくなったりしますし、応援したくなったりします。

人の一所懸命に気づいてゆけたらと、いつも思うのではありますが、ふと見落としてしまうことも多く。

一所懸命探しをしていきたいなと最近また思っています。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

それでも自分がしたいこと

2019/05/16 08:07:25|コメント:0件

  • それでも自分がしたいこと
おはようございます(*^_^*)

人間、お金も地位も、人とのつながりも・・・本当に何にもなくなった時に、どうするか。

それでも自分がしたいことって何だ?ということかなと思う。

いま自分が持っているすべてを一度失って、それでも自分がしたいこと、それがきっと自分ってことなのではないか。

「何もかも失った時に、それでも自分がしたいこと」

ただ、「何もかも失った」という前提が、やはり辛い気もします。

それならば、「これだけは失いたくないもの」は何なのか?

それを自分に問うことも、今後のテーマなのかも知れません。

いま自分が持っているすべてを一度失ってしまった時に、それでも自分がしたいこと。

そんなことを考えると、いま直面している小さな課題くらいなら、きっと乗り越えられるような気もしてきます。

そして、「これだけは失いたくないもの」を見つめ直せば、きっと今という時間のありがたさを、あらためて感じることができるのではないかと思います。

あなただったら、どんな答えをされますか?

今日もいい日になりますように~

ポジティブ&スマイルで(^^)