つれづれなるままに

写真は一種のタイムマシーン?(^^)ニコ

2018/10/31 08:02:48|コメント:0件

  • 写真は一種のタイムマシーン?(^^)ニコ
おはようございます(*^_^*)

昔の写真を整理中に自分が写っているものを見たとき、ふとこう思うこと。

あのとき、自分は何を考えていたのか。あのとき、自分は何をしようとしていたのだろうか?成すべきときに、成すべきことをしたのか、そうでなかったのか。

誰も私の人生に責任を持つことはできないし、私だって他の誰かの人生に責任を持つことなんてできないわけです。

写真を撮ったおよそ20年前、自分は何をしようとして、何を考えて、何になろうとしていたのだろう?

当時、撮影した写真を探して並べることで記憶が蘇ることも。

そう考えると、写真というのは、ある時点まで自分をプレイバックさせてくれる…そう、まさに一種の「タイム・マシン」でもあるのかもしれません。

当時は今の自分を想像できなかっただろうし、今の自分は少し先の事すら想像できない。でも、写真を見ることで、ほんの一瞬でも、過去へ戻ることができるのかもしれません。

時の流れはあまりに速く、まわりの景色はどんどん色あせていって、過去の記憶もどんどん失われてゆくけれど、しかし自分自身はいつまでも自分自身でありたいと願う。

私は、「記憶は過去へ!そして未来には希望が連れて行ってくれる!」そう考えていますが、記憶、そして希望は常に大事にしていたいとも思う。

そしてもう一つ考えるのは、未来の自分が今の自分の写真を見たときに、「時間を巻き戻したい」「自分は間違った選択をした」と悔やまないよう、今という一瞬を大切にしたい!ということ。

今日も皆さん素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

「やらない後悔」したくない(^^)ニコ

2018/10/30 07:50:40|コメント:0件

  • 「やらない後悔」したくない(^^)ニコ
おはようございます(*^_^*)

「したい人、10000人。 始める人、100人。 続ける人、1人。」と聞いたことがあります。

とにかく始める人には、次のような5つの「考え方」の違いがあるという記事を読みました。

1.結果指向ではなく、プロセス指向
2.備えるのではなく、対応する
3.局所的ではなく、大局的に考える
4.知識でなく、経験重視
5.リスクは回避すべきものではなく、計量してコントロールすべきもの

私は、この5つの指摘には納得できます。しかし、何故とにかくやってみようと思うかの1番の根源にあるものは、自分の場合「やらないで後悔したくない」ということに集約されます。

何かをやろうかやるまいか悩んだ時はいつも「やらないで後から後悔しないか?」と自問する。

このような考え方で判断をしていると、成功することもありますが、失敗も多くなります。自分勝手な振る舞いで、周囲の人に迷惑をかけることもありました。だから何でも自分のことだけ考えて勝手にやれば良いという訳ではないこともわかってきました。

とは言え、過去を振り返って後悔するより、これから自分で決められる未来をどうするかにできるだけ時間を使う。そんな基本は忘れないようにしたいと思う。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

ポイント会員様特典!

2018/10/29 12:24:52|コメント:0件

  • ポイント会員様特典!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
◇ポイント会員様特典!◇ 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  

フリー限定の衝撃価格!!
本日、フリーでお遊び頂く会員様は

 70分 15,000円
 100分 21,000円
 130分 26,000円
※全て交通費込み価格でご案内いたします!

さらに、ポイント2倍プレゼント!!

本日限定での特別価格となります・・・
是非ご利用くださいませ♪
  • 新しい視点で世の中を見るために(*^-^)ニコ
おはようございます(*^_^*)

画像のように、黒地と白地の図形で、白を図としてみれば壺にも見えるし、黒を図としてみれば向かい合った二人の顔にも見える、という「ルビンの壺」。

まったく同じものを見ているのに、人によって見え方が違う。

あらためて考えてみると、この「ルビンの壺」、視点というものを考える上でとても大事なことを教えてくれるような気がします。

たとえ、この図を「壺」としても「顔」としても見られるようになったとして、同時に「壺」と「顔」を見ることはできない。

「壺」だと思って見ている瞬間は、顔の部分は地として消えてしまって、「顔」だと思って見ている瞬間は、壺の部分は消えてしまう。

どうやら、人間とはそういうものらしい。

つまり、意識して見方を切り替えようとしなければ、どちらか一方の視点で固定されてしまう、ということ。

それから、実はいちばん大切かもしれないことが・・・

はじめに「ルビンの壺」という表現をしてしまっているので、もしこの図形のことを何も知らない人が見ても、大半は「あっ、これ壺なんだ」と思ってしまうのではないでしょうか。

何も言われずに見たら、「壺」だと思う人と「顔」だと思う人が半々かもしれないのに。

先入観て・・・。

様々なことに惑わされないようにするためにも、いくつもの視点を切り替えられるようになっておくことが大事だ。

みなさん、「ルビンの壺」というのをご存知でしょうか?

いえっ・・・もとい「ルビンの何かに見えるもの」をテーマに「視点」ということを考えた朝です(^^)ニコ

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)

選んだ道を全力で進む(^^)ニコ

2018/10/28 08:49:30|コメント:0件

  • 選んだ道を全力で進む(^^)ニコ
おはようございます(*^_^*)

道を歩いていて、分かれ道にさしかかったとき。

食事にしようと、どのお店に入ろうかと迷ったとき、そしてお店に入ってからも、どのメニューを注文しようかと目移りしたとき・・・。

選んだ道は、ひと通りだけれど、選ばなかった道は無数にあります。

ときには、選んだことに後悔して、あのとき別の道を選んでいたらどうなっていただろう、と思うこともある。

けれど、それを気にしてばかりいたら、先に進むことができなくなります。

人生を一度しか経験できない私たちは、選んだ道に目をむけて生きていくしかありません。

選ばなかった道に気をとられて、選んだ道を楽しめないとしたら、それはとてももったいないこと。

足元をしっかり見て、選んだ道を全力で進もう。

選んだことに自信をもって楽しもう。

振り返ることは、いつでもできるのだから。

それでも、選んだ道より、選ばなかった道のほうが明らかに良かった、と思うことはあります。

注文したメニューがあまり美味しくなかったり・・・。

そんなときだって、視点を変えて、前を向けば、いま進んでいる道の先にも、さらに素敵な光景が広がっているかもしれないと考えることができます。

別のお店で、同じネーミングの料理を食べたときに、その味の違いに驚いたり・・・。

そんな未来への伏線を楽しみにすることも、人生をより豊かにするのだと思う。

もし、これからも、どうしても選んだ道に後悔しそうになったら思い出してみよう。

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)