つれづれなるままに

  • 正月気分の抜けぬまま三連休前で金曜日(^o^)/
おはようございます(。・ω・。)ノ

私が気に入っている詩であり、自身が転機を迎えたり、マインドリセットするような時に、この詩に勇気付けられます。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。優れた想像力、たくましき意志、炎ゆる情熱、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ。年齢を重ねるだけで人は老いない。理想を失う時に老いがくる」。

米国の詩人サミュエル・ウルマンの『青春』の詩の一部です。

人間の歳には、年齢の歳、身体の歳、心の歳があり、心の歳がまさに一番大切である。

いつまでも青春を失うことがないよう日々を過ごしていきたいと思う。

人によって様々な転機が訪れると思いますが、考えてみれば、多くの出来事は偶然の織り重ねのようなものです。

思うようにはならないことの方が多くて、いつも考えることは山積みです。

その時の自身の心が青春であるかないかは自分自身の心が決めるのだと思います。

自分の力だけではどうにもならない時に、一度足を止めて、この詩に自分を重ねてみることをやっています。

もし何かのご参考になるのであれば幸いです。


平成で過ごす1年間は今年が最後!最高の年としたいものですヾ(*´Ο`*)/

本年も活発に愉しく過ごしましょう・・・

今年も顔晴で ゚( ̄^ ̄)ゞ

今日も皆さん
素敵な一日になりますように・・(*´∀`*)