つれづれなるままに

「やらない」

2013/03/31 00:17:31|コメント:0件

「○○に対して、どう考えていますか?」

このような質問に対して…

質問の趣旨と違うことを前置きに例題としてあげ、結局本来の答えを濁した感じで、時間が過ぎてしまう…

前置きを長くすることで、「もっともらしく聞こえる」と、よく言われます。

思考(脳)は、自分が嫌なことに対しては拒絶するようにできています

出来ない人ほど、「出来ない理由を考えることにビックリするくらい頭を回転させている」そうです

やらない人は、脳が拒絶している限り、結局やらない。

だから、やらない理由を必死で考える

それならば、できる理由(方法)を必死で考えて行動に移したいものですね。

今回の内容は、私自身を鼓舞させる為に書きました。

皆さんも、自分自身を奮い立たせてくださいね(^_^)

今日も貴女のご連絡待ってまーす(^∇^)
■今すぐ連絡⇒
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)

「ポジティブ・シンキング」

2013/03/30 00:19:04|コメント:0件

前向きな人に対して、「いつもあなたは、ポジティブで良いですね~」と、多くの方がこんな使い方をしているかと思います。

しかし、まれに相手をバカにするときに使われる方もおられます。

仕事で指示をした事をまったくやらずに、『あたかも聞いていないフリをする人』などに対して、「あなたはポジティブ人ですね~(笑)」なんて場合もありますね。

ちょっと極端な書き方をしましたが。

言葉って、受け取る側によって…

・良い意味で解釈する人

・皮肉的に解釈する人

普段、使い慣れてしまった言葉ほど、解釈の選択肢がどんどん増えていっている気がします。

逆に、「ネガティブ」と聞くと、『悪い・後ろ向き』のイメージからは、あまりブレていないですよね。

接客業で、よく言われる『ホスピタリティー』という言葉。

例えば、

・280円の牛丼のお店で働く人が『高い意識のホスピタリティー』を持って仕事をしておられるでしょうか?

・また、そこを利用するお客様が『高いレベルのホスピタリティー』を求めているでしょうか?

・そして、そのお店を指導する立場の人が『ホスピタリティー』を意識して指導しているでしょうか?

この3つの点だけでも、すでにホスピタリティーのレベルがバラバラです。

自分が前向きになれる考えであれば、すべて『ポジティブ・シンキング』なんです。

そうは言っても、どれだけの人が、100%実施(実践)できているのでしょう?

今日も貴女のご連絡待ってまーす(^∇^)
■今すぐ連絡⇒
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)

「言い訳」

2013/03/29 00:13:31|コメント:0件

「分かっちゃいるのに行動を起こせない」ということは少なくありません。

それをしなければ確実に自分の将来に影を落とす。

ポリシーに反する、人格を損なう、評判に傷がつく、周囲の人が遠ざかる、収入が下がる、等が明白だったとしても、「今すぐ、そうなるわけではないから、良いだろう」と、妥協してしまうのです。

当然、こうした妥協は少なければ少ないほど良いと思います。

理想とすれば、ゼロにできたら最高です。

もちろん、人間ですから100%は難しいです。

人の身体の成分の大半は「水」です…

ですから、何もしなければ高いところから低いところに流れ落ちていきます。

すなわち、「放っておいたら楽な方にしか行かない」ということです。

イヤなことがあれば、真っ先に「できない理由」を探し始めるのです。

「できない(=不可能)のだから仕方がない」という形勢に持っていくことによって、自分が悪いわけではないことにできるからです。

もしここで、「できない理由」の代わりに、「やらない理由」を考えたらどうなるでしょうか? 

たとえば、今日中に仕上げるべき仕事について、「資料が揃っていないからできない」とか「ヤル気が出ないからできない」といった言い訳の代わりに「やらない理由」をリストアップしてみるのです。

「できない理由」より「やらない理由」の方が「本気」を試されることに気づきませんか!?

それもそのはず・・・

「できない理由」には、責任を他人に押しつけるという前提があります。『他責的』です。

「やらない理由」には、逆に自ら責任を背負うという前提があるからです。『自責的』です。

いわば、「できない理由」を考えることは身を守る行為なのに対して、「やらない理由」を考えるのは身を削る行為なのです。

日々、その日一日を振り返るときに、やるべきであったのに、できなかったことについて、「できなかった理由」ではなく、「やらなかった理由」を自らに問い続けることは、成長への近道になると思います。

人は、しばしば『目先の誘惑=望ましくない選択』に負けます。

しかもそれは、無知のせいではありません。

その誘惑に負けたら自分が何を失うか、どういう結果を招くかは十分承知しているんです。

それなのに、同じ誘惑に繰り返し負けたりする。

誰でも知っていることです。

今日も貴女のご連絡待ってまーす(^∇^)
■今すぐ連絡⇒
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)

「…いただけますか?」

2013/03/28 00:06:02|コメント:0件

皆さんは、買い物をする時や飲食店で料理を注文する時…

「○○をいただけますか?」

そう言っていますか?

例えば、中華料理店で、お客様のほとんどの方は・・・

「ラーメン」、「チャーハン」、「酢豚」・・・

単語のみで注文される方が多いですね。

私自身、何かを注文する際は、「○○いただけますか?」と、なるべく意識して言うように心がけています。

私たちは、料理や商品、サービスを通して、その対価として『お金と言葉』を相手側に渡していると思います。

一般論として現在、お店などで働いている方であれば、 わざわざご来店いただいたお客様に対しては、「ご来店いただき有難う御座います」 。

そして、ご購入(ご利用)いただいたお客様に対しては、「ご購入(ご利用)有難う御座います」。

などと、お客様に対して、お礼の言葉を言っていますよね。

当たり前のことですよね!

(風俗店で、女の子さんがお客様に対しては別の言い方の場合がありますが)

しかし、お客様の側に立った時となると・・・

感謝の気持ちやお願いするときの言葉をしっかりと使っている人が意外に少ないのです。

サービスや接客が悪かったりした時は、お礼の言葉を言いたくない場合も、もちろんあります。

貴女が、お客様を迎える側に立った時、お客様から丁寧な言葉でお願いされると悪い気持ちはしないと思います。

ぜひ、丁寧な言葉を意識してみては如何でしょう。

貴女自身も、きっと清清しい気分になると思いますよ(^_^)

今日も貴女のご連絡待ってまーす(^∇^)
■今すぐ連絡⇒
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)

やりがい

2013/03/27 00:27:12|コメント:0件

最初から、やりがいのある仕事なんてありません。

仕事が成功するから、やりがいを感じるのです。

ほんの小さな成功で構いません。

成功体験があったら、自分を褒めてあげてください。

お客様にサービスして感謝されたとき、あ~嬉しい!と思ってください。

それが、やりがいの本当の姿です(^_^)

今日も貴女のご連絡待ってまーす(^∇^)
■今すぐ連絡⇒
☆求人専用フリーダイヤル
0120-833-867
(フリーダイヤル/携帯OK)

☆求人専用メールアドレス
contact@kyujin-aqua.com
(女の子求人専用/24時間受付)